048-881-8627

さいたま市セカンドライフ応援ポータルサイト
り・とらいふweb

事例紹介情報

ボランティア活動現場レポート「チャレンジスクール」

2020年12月22日更新  No.0000000034

ボランティア活動現場レポート「チャレンジスクール」

今回の活動現場レポートは、緑区内の小学校のチャレンジスクール「大門小のびのび教室」で活動しているボランティアさんのご紹介です。訪問の日は、ボランティア歴6年のベテランボランティアさん、今年9月からの新人ボランティアさんなど5名が参加されていました。みなさん、子ども好きの優しいボランティアさんです。活動内容は教室の準備と片付け、受付、安全管理や学習指導などです。

    ボランティアさん ボランティアさん ボランティアさん

きちんと挨拶をして教室の始まりです。まずはお勉強。プリント問題が終わった子どもたちは、ボランティアさんのところに答え合わせにきます。難しい問題は一緒に考えます。

「のびのび教室」のスタッフとして参加した学校行事「日光御成道チャレンジ強歩」では、事前に地域の歴史勉強会も行ったそうで、ボランティアさんご自身の知識向上にも繋がるそうです。

まるつけ まるつけ お勉強 ぬりえ

勉強時間が終わると自由時間です。子どもたちは教室でぬりえや折り紙、体育館でドッジボール、

校庭で鬼ごっこなど好きなことをして過ごします。ボランティアさんは、危険がないか見守ります。

ひとりでいる子には声をかけて、一緒に遊ぶこともあります。

ドッジボール ボール投げ ボール投げ

 「自分の子どもとは仕事が忙しくて遊ぶ時間がなかったが、やはり子どもと遊ぶと楽しいし、話すと面白い」「子どもに仲間に入れてもらって遊ぶのが楽しい」とボランティアさんは笑顔で語ります。

ボランティアを始めて、地域交流のきっかけになり、面白いことが近くにあると気づけたそうです。ボランティアのみなさんが、元気でハツラツと活動されていました。

チャレンジスクール推進事業についてはこちら

2020年12月取材

カテゴリ ボランティア
掲載期間 2020年12月22日から 2022年3月31日